インフォピックアップ

インフォピックアップはウェブサイトのディレクトリ登録サービスやウェブサイトの紹介を行なっております。

離婚相談で難しい性格の不一致

HOMEビジネス関連, 記事一覧 > 離婚相談で難しい性格の不一致


離婚理由の一位が「性格の不一致」とされています。離婚相談でも最も難しいのがこの問題でもあります。離婚原因のうち男性の60%以上、女性の40%以上の離婚理由が性格の不一致だというレポートもあります。
不倫や浮気などの問題が原因で、はっきりと離婚原因の責任がわかる(有責性が存在する)離婚の場合、その問題さえ乗り越えることができれば、離婚せずにすむ可能性も考えられます。しかし、性格の不一致は「ウマが合わない」、「生理的に嫌」という漠然としたもので、どうしようもないことになってしまいます。原因がわからないので、双方ともに運が悪かった、ですむ問題になってしまいます。どちらも傷つかないということでは、たいへん都合のよい理由かもしれません。しかし、性格の不一致という理由では、正当な離婚理由にならないということもいえます。
一方が性格の不一致を理由に離婚をしようと考えても、相手方にまだ愛情が残っているような場合には、協議離婚に合意しては紅でしょう。調停(家庭裁判所)で話し合いの場を持っても、「性格の不一致」だけでは解決しません。何が異なるのか?どんな点を愛せないのか?相手にその点の改善を求める事は出来ないのか?など、具体的にならなければ離婚は難しいといえます。
性格の不一致は、周囲から見れば言い出した方のわがままに聞こえる場合もあります。少し冷静になって、改善できるところはないか、もう一度見直してみましょう。時間をかければ風邪が治るように、今までの考えはどこに行ってしまったのだろうと思うことがある課もしれません。とりあえずは知り合いなどに相談されるのもいい解決策かもしれません。