インフォピックアップ

インフォピックアップはウェブサイトのディレクトリ登録サービスやウェブサイトの紹介を行なっております。

顧問弁護士のメリット

HOMEビジネス関連, 記事一覧 > 顧問弁護士のメリット

企業にはよく「顧問弁護士」と呼ばれる存在の弁護士がいますが、なぜ、企業はそのように決まった弁護士を顧問という形で設置するのでしょうか。

世の中にはたくさん弁護士がいるので、他の弁護士にお願いするということはできないのでしょうか。

企業が顧問弁護士を置くのは、もちろん顧問弁護士を持つメリットがあるからです。

それでは、顧問弁護士を持つことには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

まず、一番のメリットとしては「すぐに相談できる」ということがあげられます。

すぐに相談ができるのは当たり前じゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、一般的に初めて会う弁護士に相談事をする場合には、はじめに事務の人に相談内容を連絡した上で、相談が可能かを確認してもらい、費用を確認してから、相談の日程を調整してもらう、というような手順を踏まなくてはなりません。

また、初めて会う弁護士に自社のことを相談するにあたっては、自社の業務説明や概要説明といった事情を説明するところからスタートしなくてはなりませんので、相談事を始めるまでに時間がかかってしまうということがあげられます。

顧問弁護士のように、予め自社の様子や事情をよく知っている弁護士がいれば、すぐに相談をスタートさせることができたり、迅速な対応を期待することができたりしますので、契約や交渉、紛争の解決といった、さまざまなトラブルに関して早急に対応できるということが企業にとって大きなメリットのひとつであるといえます。