インフォピックアップ

インフォピックアップはウェブサイトのディレクトリ登録サービスやウェブサイトの紹介を行なっております。

後遺症と弁護士について

HOMEビジネス関連, 記事一覧 > 後遺症と弁護士について

交通事故に遭った場合、特に後遺症が残ってしまった場合に、どのような対応が必要になる思いますか?

もちろん病院に行きますし、警察と事故の状況を確認します。

また、それだけでなく、保険会社と連絡を取ることも必要ですね。

色々な対応が必要になります。

この時、どんなことに注意するとよいでしょう。

実は、病院での対応に注意です。

診断書を用意してもらう際に、後遺障害と認められる障害が、記載漏れ無く全て含まれているかや、その前提となる検査などがきちんと終了しているかなどの確認が重要になるのです。

何故かというと、ここで正しくない診断書を保険会社に提出してしまうと、得られる保険額が平気で1桁変わってしまうことがあります。

入院・通院したり、後に残る障害を負ってしまったりしたにも関わらず、正しい保健額が入手できないのは非常に大きな痛手です。

こういったことを鑑みると、かなり早い段階で弁護士に相談することがひとつの対策案になり得ます。

弁護士は、相談したらすぐに依頼として費用が発生してしまうわけではありません。

早めに相談することで、今後進んでいく手続きの流れや、もし後遺症が残ってしまう場合の認定のポイントなどについて、アドバイスを受けることができます。

また、一度相談した弁護士であれば、実際に後遺症の申請をしたり、訴訟が発生することになったりした場合は事情がわかっていますので、素早い対応が可能です。

知らなかったばっかりに損をする、と言うことを避けるための一つの手段として覚えておくとよいでしょう。