インフォピックアップ

インフォピックアップはウェブサイトのディレクトリ登録サービスやウェブサイトの紹介を行なっております。

医師アルバイトの求人 ≪産業医≫

HOMEビジネス関連, 記事一覧 > 医師アルバイトの求人 ≪産業医≫

医師アルバイトの求人にもよくある産業医とは、会社などで従業員の健康管理に携わる医師のことを言い、職場の安全衛生委員会に出席したり、健康診断の結果に関して個別の指導を行ったり、健康相談に応じるなど、病気を治療する臨床医とは違って健康管理を行って病気を予防するのが主な仕事となっています。

労働者が安全かつ快適な環境で働けることを目的に定められた法律に“労働安全衛生法”というのがあり、この第13条では「常時50人以上の労働者を雇用している事業所は産業医を選任しなければならない」、「常時50人〜999人の労働者を雇用している事業者は非常勤の産業医を選任しなければならない」、さらに「常時1000人以上の労働者を雇用、あるいは有害と認められる業務に常時500人以上従事させている事業所は専属の産業医を選任しなければならない」ということが定められています。

現在、日本では1,000人程度の医師が専属の産業医として活躍していると言われていますが、非常勤の産業医の場合は産業医資格さえもっていればアルバイトとして請け負うこともできます。

一般の医師が“産業医資格”を取るのに一番手っ取り早いのは、すでに日本医師会の認定を受けている産業医科大学や自治医科大学の主催する産業医研修会に参加して基礎研修の50単位を取得するという方法で、短期間で一気に取得することができるので人気が高いようです。

ただし5年を経過すると認定が切れるので、次は実務講座の単位を取得して更新手続きを行わなければなりません。