インフォピックアップ

インフォピックアップはウェブサイトのディレクトリ登録サービスやウェブサイトの紹介を行なっております。

大阪の弁護士(渉外弁護士)

HOME生活・文化, 記事一覧 > 大阪の弁護士(渉外弁護士)

大阪弁護士には種類があります。

大阪でなくても弁護士には種類があるのです。

それは全国共通の種類です。

先ほど町弁という便利屋さんのように地域密着で、一般の人の訴訟や相談に乗ってくれる、私たちが接する機会が一番高いと思われる弁護士の種類について書きました。

その他にも弁護士には種類があります。

企業弁護士と呼ばれる弁護士と渉外弁護士と呼ばれる弁護士がいます。

細かく分けるともっと種類があるのですが、ここでは厳密ではなく大体の雰囲気でつかんでもらえればと思っています。

渉外弁護士は訴訟に関わる事はほとんどありませんので、法廷に立つ事がないのです。

では、何をしているかというと、法律の知識を活かしてコンサルタントの役割を果たしているのです。

弁護士の資格を持っているくらいですから、多方面の法律に精通しているのは火を見るより明らかですよね。

いわゆる経営コンサルタントとはまた違う、コンサルタントとしても重要な役割を担う弁護士です。

主に国際間で取引等、ビジネスの交渉事などが発生したときに、法律の知識を活かして書類を作成したり、アドバイスしたりする役割をします。

ですから、外資系の企業が相手の事が多いです。

また、これから海外進出を考えていたり、海外進出で手を伸ばしていきたい企業にとっては、なくてはならない存在のようですね。

給料はとても良いようですが、体力知力ともにすり減らす部分が多いらしく、離職率も高い弁護士の仕事のようです。