インフォピックアップ

インフォピックアップはウェブサイトのディレクトリ登録サービスやウェブサイトの紹介を行なっております。

裁判離婚ってどんなもの?

HOME生活・文化, 記事一覧 > 裁判離婚ってどんなもの?

協議離離婚をする人が90%と言っても、もちろんそれ以外の離婚方法を選ぶ人たちもいます。

協議離婚ができなかった場合には、調停離婚ということを行うことが一般的で、このケースでは、弁護士の他に調停委員という人たちも間に入ることになり、二人の離婚が合意に至るように調整することになります。

しかし、調停を行なっても、二人の同意が得られないというケースもあります。

調停離婚まで来るケースというのは、夫婦のどちらかが離婚に反対をしているケースや、離婚自体をするのがイヤというわけではないけれど、離婚の条件がどうしても折り合わないという場合に行われる離婚の方法ですので、この調整で合意が得られないケースというものがあります。

それが、裁判離婚です。

裁判離婚は、基本的に調停で離婚が決定できない場合に裁判を起こすという方法になります。

日本の場合には、調停前置主義というものがありますので、調停をしないで裁判をするということはできないことにあっています。

まずは、調停で夫婦がきちんと話し合うことが前提で、どうしても合意に至らなかった場合のみ、訴訟を行うことになります。

裁判離婚の場合には「離婚を認めてほしい」という訴訟に対して、離婚を認めるか否かという判決がくだされることになります。

また、その際には、親権者の決定や養育費の金額、財産分与をどのように行うかなどについても審理されることになります。

また「和解離婚」というのは、この裁判離婚の途中で和解が成立したケースのことを言います。